野菜ソムリエ取得方法

野菜や果物のおいしい旬の季節や各々が持つ魅力などを勉強して食材のおいしい食べ方を学んだり、得た知識を相手に伝えるためのコミュニケーション力などを持つことを表す資格が野菜ソムリエです。

野菜ソムリエになりたい方はまず、基礎ともいえる「ジュニア野菜ソムリエ」の資格を取得しなければなりません。

ジュニア野菜ソムリエでは、通信制または通学制で規定の講義を受け、修了試験に合格することで付与されます。

ジュニア野菜ソムリエの資格を得た後は、野菜ソムリエの資格を取得するための勉強を始めることができます。

こちらも通学または通信教育で規定の講義を受けたのち、3次試験までを経て初めて野菜ソムリエとして認定されることになります。

野菜ソムリエは野菜や果物の知識はもちろんのこと、生産過程や歴史背景、マーケティング戦略などにおいて青果物をいかに魅力的にアピールできるかなどを勉強します。

年齢などの資格条件はありませんが、学校で履修するような青果物の流通経路や産地などの知識を持った方であれば、勉強の内容についていくことができるようです。

野菜ソムリエの資格は、全国にある日本野菜ソムリエ協会の支社で随時講習会を開催していますので、お近くに会場がある方は通学をして仲間とコミュニケーションを取りながら資格取得に向けて勉強をされると良いでしょう。

また、通信講座でも同様の教育を受けることができ、DVD受講のみのコースや、1日だけスクーリングをすることができるコースなどが設けられていますので、あなたの生活スタイルに合わせて受講スタイルを選ぶことができます。