おまとめローン年収以上

おまとめローンを使って複数の債務を一つにまとめませんか?審査が甘いおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。
ホームボタン
三井住友銀行グループのプロミスには

三井住友銀行グループのプロミスには

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや返済だけしかできないカードローンだということです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも最大限度額が低めではありますが20歳から65歳以下で安定した収入がある人ならアルバイトでも申し込みができます。

おまとめ対象の借入先に返済してくれるだけでなく代行手数料や完済金の振込手数、繰り上げ返済手数も無料なのでメリットは大きいです。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することでバラバラだった返済日を1日にまとめることができますし、月々の返済額を低くすることができます。

月々の返済額が減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますが返済する元本はそのままですので返済期間は長くなる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額はおまとめローンを組む前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が通れば、低金利で融資を受けられることになります。

おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションしておくことで返済総額を増やさずに、しかも毎月の返済を楽にすることも可能なのです。

何件もの金融業者からお金を借りていると借入残高を管理するだけでも一苦労ですね。

借入件数が多い人は借入れ可能額が低いために借入件数が増えたのだと思います。

カードローンは借入限度額が高くなるほど金利が低くなりますから借入先は1社にまとめたほうが有利になります。

そうは言っても、多重債務者は金融機関では敬遠されますので返済額の全てを完済できる金額を融資してもらうのはハードルが高すぎます。

しかし、多重債務者の負担を軽減するのがおまとめローンなのでまず、審査を受けることをおすすめします。

おまとめローンとはいくつもの金融業者から借り入れをしている人が別の金融機関から新規に借り入れをして、既存のローンを完済するためのローンです。

複数の金融業者から借り入れをしていると返済日が何度もあるので残高の管理が困難です。

金利面でも低い与信枠のほうが利率が高くて不利なので複数のローンをまとめたほうが利息を下げられるかもしれません。

しかし、おまとめローン利用者は多重債務者なので審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

おまとめローンという商品を提供している金融機関もありますので専門の商品なら審査に通る確率は高いですね。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はweb完結できるサイトを利用することです。

手続き中に知り合いと出くわす危険もありませんし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは申し込みフォーマットに入力するだけなので必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら夜中でも手続きができるだけでなく電話連絡や郵送物をなくすことができるローンもあるので家族や身内にバレる心配もありません。

おまとめローンの審査でつまづいている人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

通常、ローン審査には「属性審査」と「個人信用情報」の2つの審査があり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が高くても借入総額が大きければ審査に不利ですし年収の1/3を超える借入総額の場合は審査に通らないと思ってください。

勤続年数は長いほど安定性があると判断され非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

多重債務者は金融業界では要注意人物なので他社からの借入件数が5社ある人は審査落ちを免れません。

おまとめローンというものはそうそう利用するものではありませんから利用に際しほとんどの方が、わからないことだらけだと思います。

手続きの方法や必要な書類、メリットやデメリットなどの疑問はおまとめローンの商品を取り扱っている金融機関の「よくある質問コーナー」に答えが掲載されています。

借金総額がいくらになったら利用したほうがよいかといった消費者目線の質問についてはインターネットで「おまとめローン よくある質問」と検索して探してみましょう。

情報サイトには消費者金融と銀行のおまとめローンのメリット・デメリットもわかりやすく記載されていますし金利やサービス内容なども比較されているので、非常に分かりやすいです。

審査に通るポイントや、通らない人の傾向などこれから組もうとする方にとって非常に有益な情報が多いのでおまとめローンを利用するなら、必ずチェックしておきましょう。

複数の借入れがあってもおまとめローンを使えば1本化できるので毎月何回もあった引き落とし日が1日になるので残高管理が楽になります。

おまとめローンにも与信審査がありますが通常のカードローンよりも金利が高く、審査基準が厳しい場合が多いです。

実際の貸付金利を銀行と消費者金融で比較jしますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は3.0%から17.5%(アイフルおまとめMAX)となっています。

おまとめローンをどちらの金融業者から借り入れるにしても月々の返済を減額した場合は、返済期間が長期化することを忘れてはいけません。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでおまとめローンに借り換えるよりも返済総額は大きくなることは避けられません。

おまとめローンに申し込んだけれど審査に落ちたという人はその原因を判明しない限り、次のおまとめローン審査を受けても審査に落ちる可能性が大きいです。

おまとめローンの審査項目には年収や勤務先、勤続年数、借入件数などの項目があり、問題が無ければ審査を通過することができます。

年収は多い方が有利になりますが、重要なことは借入総額とのバランスで借入希望額が年収の基準に収まっていれば返済可能と判断してもらえることが多いようです。

勤務先は公務員や大企業の社員だと評価が高くフリーランスやフリーター、入社1年未満という場合は低評価となります。

個人信用情報は借り入れや返済状況を照会して審査される項目で過去に自己破産をしていたり、返済の遅延、あるいは滞納があった人は、審査を通るのは難しいかもしれません。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車は高額商品ですから毎月の返済額が高くなってしまうのは当然です。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを検討するという可能性が出てくるかもしれません。

銀行のおまとめローンならその発想も有効なのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

理由は、消費者金融のおまとめローンは貸金業者からの融資を1本化するためのものですから銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社のマイカーローンで、キャッシング枠ということであれば対象となりますがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。
Copyright (C) 2014 おまとめローンは年収以上が可能?【審査甘い銀行の探し方】 All Rights Reserved.