おまとめローン年収以上

おまとめローンを使って複数の債務を一つにまとめませんか?審査が甘いおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。
ホームボタン
マイカーローンの返済期間は平均5年

マイカーローンの返済期間は平均5年

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年となりますのでショッピングローンとしては長い方ですが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に転職などで収入が減ってしまうと毎月のローンの負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むことも視野に入れることになるかもしれません。

銀行の提供しているおまとめローンであればそれも1つの方法といえますが消費者金融のおまとめローンは、マイカーローンの返済に利用できないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外となってしまいます。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠でローンを組んだ場合、利用することはできません。

「はじめてのアコム」でお馴染みのアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように顧客のメリットになる貸し付けには例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、貸金業からの返済にだけ利用することができます。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借り入れた資金の使い道は貸金業者への返済に限られておりショッピングローンの返済には使う事ができません。

銀行で、おまとめローンという商品を取り扱っているところは少なく借り換えローンやフリーローンと呼ばれる名前の商品のほうが多いと思います。

銀行は総量規制という上限がないので銀行の与信枠内なら追加融資が可能なローンが多いのですが消費者金融は総量規制の特例貸付になりますので、返済専用となります。

又、銀行のフリーローンは事業用資金以外は使い途に制限はありませんが消費者金融のおまとめは貸金業の返済だけにしか使用できません。

銀行のおまとめローンは消費者金融と比較して低金利で高額融資が可能ですが消費者金融はというと、最大金利18.0%、最大融資額は300万円ということで、銀行と比較すると見劣りするスペックなのは間違いありません。

ですが、消費者金融は銀行よりも断然審査に通りやすいとされていますし審査結果や融資までの時間が銀行よりも早いというメリットもあります。

おまとめローンとは複数の金融業者から借り入れをしている人が新規の金融機関から借り入れをして、今までのローンを一括完済するためのローンです。

何件もの金融機関からお金を借りていると返済日がバラバラで銀行の残高管理が大変です。

与信枠が低いと金利が高くて不利になりますから複数の借入れを1本化した方が利率を下げられるかもしれません。

反面、おまとめローンを希望する人は多重債務者ですから審査が不利になったり、厳しくなる事があります。

金融機関の中にはおまとめローンという商品を掲げているところもありますのでそのような業者を積極的に狙った方が良いでしょう。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで毎月の返済額や利息下げるというメリットがあります。

でも、利息を減らしたり返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んでも元本は減らないので毎月の返済額を下げたら返済期間は長くなります。

返済期間が延びれば当然支払う利息も増えるので返済する総額は、おまとめローンを組む前より多くなってしまうことは避けられないのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型ですので、追加融資は無理なのですが銀行のおまとめローンはフリーローンが多いので、追加融資が受けられることから借入額が増えるリスクもはらんでいます。

おまとめローンなら利子を減らすことができるのが利点というのですが、これは、限度額の少ないカードローンを複数社より借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前に金利の計算をして本当に得になるのかきちんと確認しておく必要があります。

おまとめローンをやっている金融機関の多くは自社のホームページに返済シミュレーションを設けています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローン後の毎月の返済額や返済増額が瞬時に表示されますから簡単に比較することができます。

消費者金融よりも銀行ごとの金利差のほうが大きいので銀行でおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションを利用して正確な金利を計算することが重要です。

多重債務者の為に提供されているおまとめローンですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

真っ先に行う事は、これまでの返済状況の確認と借入先と借入金額や残高の確認です。

完済できる借入先は整理すれば審査に有利になりますから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

審査で重要視されるのは金融事故歴ですから、それがなければ返済能力があると判断されて審査を通過するケースも多いです。

消費者金融大手のプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンと呼ばれるキャッシングサービスがあります。

通常のカードローンとの大きな違いは総量規制の対象外であるということや返済専用のカードローンなので追加の借入れができないことです。

最低金利が高めに設定されており6.3から17.8%となっていますが最短で即日融資が受けられ保証人も不要というカードローンのメリットは健在です。

最大限度額が300万円なので全ての借入れをまとめることができないかもしれませんが申し込める人は安定した収入がある20歳から65歳以下の人ならアルバイトでもOKです。

現在の借入先に返済の振り込みをしてくれるだけでなく代行手数料や振込手数料、更には繰り上げ返済手数料も無料になるメリットがあります。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要な書類や手続きの方法についてご紹介します。

必ず必要となる書類としては本人確認書類があり通常は運転免許証やパスポートなど写真が入っている書類を使用します。

借入状況を証明する書類の有無については、ローンを組む金融機関によって異なるのですが消費者金融でローンを組む場合、総量規制の例外貸付を適用する事になるため必須となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票や納税証明書など特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

おまとめローンというものは複数の借入れ先を1つにまとめることができるローンで月々の返済額を見直すことができます。

毎月の返済額を減れば経済的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを利用しても返済する元本は変わりませんので返済期間が延びる事になります。

返済期間が長くなるということは、長くなった分だけ金利が発生しますから返済する総額は、おまとめローンを組む前より増えてしまうことは否めません。

一方で、借入限度枠が大きい人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額が承認されることになれば、低金利で借り入れられる可能性もあるのです。

そのため、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションすれば返済総額を増やさなくても、毎月の楽な返済を実現できるのです。
Copyright (C) 2014 おまとめローンは年収以上が可能?【審査甘い銀行の探し方】 All Rights Reserved.