おまとめローン年収以上

おまとめローンを使って複数の債務を一つにまとめませんか?審査が甘いおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。
ホームボタン
埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言

埼玉りそな銀行にはおまとめローンと言う商品はありませんがおまとめや借り換えにも使えるフリーローンがあります。

貸付利率は6.5%から14.0%と消費者金融よりも低く設定されていて低金利な上に来店不要という点も魅力です。

消費者金融ではありませんから総量規制は関係ありませんし、利用条件に最低年収は有りませんから、アルバイトでも申し込みが可能です。

日本在住で満20歳以上完済時年齢満71歳未満、継続した安定収入があれば申し込みができますが給与所得者でも未成年は申し込むことができません。

りそな銀行のフリーローンにはワンランク上の「りそなプレミアムフリーローン」もありますが昨年の年収が400万円以上とハードルが高くなっています。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

おまとめローンもキャッシングローンなので審査がありますが借入金額が大きいために審査が厳しく通常のカードローンよりも金利が高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を比較すると銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は6.3%から17.8%(プロミスおまとめローン)となっています。

いずれの金融機関からおまとめローンの融資を受けるにしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長くなるということは発生する金利も多くなるので返ってトータルの返済金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンの手続きで一番手軽な方法はインターネット上で申し込みから契約まで完了できるweb完結です。

キャッシングローンを申し込んでいる姿を見られたくない人には最適ですし、土日祝日でも、曜日や時間に関係なく申し込むことができます。

web申し込みはweb完結と混同されがちですが最初から最後までwebで行う事ができるのはweb完結です。

web申込みは申し込み手続きだけをインターネットで行って必要書類をダウンロードして記入し本人確認書類を郵送するローンもあります。

web完結なら外へ出かける必要もなく即日融資に対応している業者も多くあります。

おまとめローン審査が難関な人は次に審査を受ける前に通らない理由を突き止めましょう。

一般的なローンの審査項目は年収や勤務先、勤続年数、借入先の件数、他社からの借入れ総額、個人信用情報などがあり特に目立った問題点が無ければ審査通過に期待が持てます。

年収が低い人でも借入金額とのバランスが保たれていれば心配いりませんが借入総額が年収の1/3をオーバーしている場合は審査落ちは確実です。

スコアリング審査は安定性や確実性の判断材料となり非正規雇用よりは正規雇用の方が断然、審査に有利です。

おまとめローンの場合、利用者は多重債務者なのでいわゆるブラックリストに載っている人は審査落ちは確実です。

三井住友銀行グループのプロミスにはおまとめローン専用のプロミスおまとめローンという商品名のキャッシングサービスがあります。

消費者金融カードローンですが、大きな違いは年収の1/3を超える貸し付けも認められていることや追加融資ができない返済だけのカードローンということです。

6.3から17.8%と高めの金利設定になっていますが銀行のおまとめローンよりもスピード感があります。

銀行のおまとめローンよりも限度額が低めに設定されていますがパ―トやアルバイトでも20歳から65歳以下の人で安定した収入があれば申し込むことができます。

既存の借入先への返済を代行してくれるだけでなく振込手数料や代行手数料、繰り上げ返済手数料などは一切かかりません。

おまとめローンを利用すれば利子を減らせるのがメリットの1つと言われていますが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしているためです。

おまとめローンで本当に利息が少なくなるかどうかは申し込む前に金利の計算をして確認しておいたほうが良いです。

おまとめローンを提供している金融機関では自社のホームページに返済シミュレーション設置している所が大半です。

現在の借金額や金利を入力するだけでおまとめローンにした後の毎月の金利や返済額が即座に表示されるので簡単に比較できます。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が銀行ごとの金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は、まずは返済シミュレーションで正確な金利を計算しましょう。

消費者金融大手のアコムにはおまとめローンに使える借換え専用ローンというキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめや借り換えは総量規制の例外貸付が適用されるので対象外となります。

総量規制が適用されない例外貸付とはおまとめや借り換えを含めた借入れ総額が年収の1/3を超えても認められる融資です。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが逆に最低金利は借換え専用ローンの方が高めの設定です。

借換え専用ローンの借入金については限定されており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入件数が多すぎる審査に通らないことがあります。

借入件数は3社までなら安心ですが審査に通らないと思われる人の救済策を考えてみましょう。

最初に行わなければならないことは今までの返済状況の確認と借入先の社名と借入金額、残高の確認です。

審査を有利に進めるには1件でも借入先を減らした方がいいですから与信限度枠内でやりくりして完済できるローンは解約しましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済歴に問題ないので審査を通過できる可能性があります。

マイカーローンの返済期間は平均5年から7年とされていますのでショッピングローンとしては長い期間といえますが自動車そのものが高額ですから毎月の返済額が高くなるのは避けられません。

その間に給料が下がったり転職などで収入が減ると毎月の負担が大きくなるのでマイカーローンを含めたおまとめローンを組むという選択が出てくるかもしれません。

銀行が提供しているおまとめローンならその方向性でも問題ないと思うのですが消費者金融の場合、マイカーローンをおまとめローンにすることはできないかもしれません。

と言うのも、消費者金融のおまとめローンというものは貸金業者からの借入れ金を1つにまとめるものなので銀行から借り入れたマイカーローンは利用対象外なのです。

信販会社で組んだマイカーローンもキャッシング枠ならば対象ですがショッピング枠であれば利用することはできません。

おまとめローンとは複数で借り入れたものを1つにまとめることができるローンで複数社に返済することで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を見直すことができます。

月々の返済額が減ることで経済的な負担が軽減するというメリットがありますがおまとめローンを組んでも返済する元本はかわらないので返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化することによって、その分金利も発生しますから返済する総額はおまとめする前より増えることになります。

一方で、金融業界の常識として与信限度枠が高い人ほど適用金利が低くなりますからおまとめローンを組んだ際に、高い与信限度額で無事承認されれば、現在よりもずっと低金利で融資を受けられることになります。

ですから、おまとめローンで金利がどのくらい抑えられるのかをシミュレーションして返済額を算出すれば支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。
Copyright (C) 2014 おまとめローンは年収以上が可能?【審査甘い銀行の探し方】 All Rights Reserved.