おまとめローン年収以上

おまとめローンを使って複数の債務を一つにまとめませんか?審査が甘いおまとめローンをお探しの方へ利用する際の流れや注意点を解説します。
ホームボタン
おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるの

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるの

おまとめローンのメリットは多重債務を1本化できるので借入れ残高の管理がしやすくなり、場合によっては金利も押さえることができます。

おまとめローンにはメリットが多いのですがデメリットもありますので、あらかじめ調査することが必要です。

おまとめローンでも審査を受け合格する必要がありますが希望する借入金額が大きいので、当然、審査は厳しくなります。

月々の返済総額を下げたいという人は借入期間が長くなるわけですから、利息の総額は増加することを忘れてはいけません。

月々の返済額が減ると借金が減ったと錯覚を起こす人もいるようで返済が完了している業者から、再度融資を受ける人もいるようです。

おまとめローンというものは多重債務の方が借入先を整理するために新しい融資先を見つけて既存の借金を返済するためのローンです。

一方で、借り換えローンは既存の金利よりも低い金利のローンから借り入れて今までのローンを一括返済し新規ローンを返済していく、いわゆるローンの乗り換えを意味します。

これらは金融上の定義づけはとしては異なるのですが、厳密に区別されることはなく借り換えローンというサービス名でおまとめローンを提供しているといった金融機関も多いです。

一般的に消費者金融は金利が高く、銀行は審査が厳しいと言われていますが必ずしもどちらのおまとめローン・借り換えローンがお得ということはありません。

消費者金融のおまとめローン、借り換えローンは追加融資ができないのに対し銀行の場合はフリーローンが多いので、一般的なカードローンと同様に限度枠内であれば追加で借り入れや返済が可能です。

おまとめローンは複数社から借金していたものを1つにまとめるためのローンで毎月バラバラだった返済日を1日にまとめたり、月々の返済額を低く設定し直すことができます。

月々の返済額が抑えられることによって経済的な負担や精神的な負担が軽くなるというメリットがありますがおまとめローンを組んでも元本は変わりませんから返済期間が長くなる事になります。

返済期間が長期化すれば、長くなった分だけ金利は発生しますから返済する総額はおまとめする前と比較すると、増えることになるでしょう。

一方で、金融業界の常識として借入限度枠が大きいほど適用金利が低くなりますからおまとめローンで高い与信限度額の承認がもらえさえすれば、現在抱えている借金の金利よりもずっと低金利で借り入れられることになります。

ですから、きちんとシミュレーションして返済額を算出することで支払総額を増やすことなく、毎月の楽な返済が可能になるのです。

おまとめローンを利用すれば複数の借入れを1本化できるので月々の返済額を少なくしたり引き落とし日を集約できるメリットがあります。

一般のカードローンと同様におまとめローンにも審査がありますが通常のカードローンよりも最大利用限度額が低く、最低金利は高い商品が多いです。

銀行と消費者金融のおまとめローンの金利を数値で比較しますと銀行カードローンは7.8から9.8%(東京スター銀行のりかえローン)ですが、消費者金融は7.70%から18.0%(アコム借換え専用ローン)となっています。

どちらの金融業者からおまとめローンを借りるとしても毎月の返済額を抑えると負担は減りますが返済期間が長期化します。

返済期間が長期化すれば加算される利息も多くなるのでおまとめローンを利用する前よりも返済する金額は大きくなってしまいます。

おまとめローンの手続きをスムーズに進めるために必要になる書類と手続きの仕方についてご紹介します。

必須になる書類には本人確認書類があり通常は運転免許証やマイナンバーカード等写真入の書類が必要になります。

現在の借入状況を証明する書類の有無はおまとめをする金融機関によって違うのですが消費者金融でおまとめを希望する場合には総量規制の例外貸付になりますから必要となります。

収入証明書はおまとめローンを組む金融機関によって異なりますが消費者金融業者で50万円以上、銀行で100万円以上からの借り入れで求められることが多いです。

収入証明書は源泉徴収票などが該当し、特殊な書類ですのでおまとめローンの利用を検討している場合、早めに用意しておくことをおすすめします。

銀行系消費者金融のアコムにはおまとめローンに利用できる借換え専用ローンという商品名のキャッシングローンがあります。

消費者金融などの貸金業は総量規制が適用されますがおまとめローンのように利用者のメリットが明確な場合は例外貸付が適用されます。

例外貸付とは顧客に一方的に有利になる借り換えなどが該当し、新規借り入れ分を含めた借入総額が年収の1/3を超えても融資が認められるというものです。

通常のカードローンは上限800万円なので借換え専用ローンの300万円は低めの設定ですが一般向けカードローンよりも最低金利は高くなっています。

借換え専用ローンで得た融資金は貸金業者への返済に限られており貸付金額は元金の範囲内となります。

おまとめローンを利用すれば利息を現状より減らすことができると言われている理由があるのですが、これは、低い与信枠のカードローンを複数借入れしていることが原因です。

おまとめローンを組むことで利息が減らせるかどうかは申し込む前にきちんと金利の計算をして確認しておく必要があります。

おまとめローンのサービスを提供している金融機関ではホームページ上で返済シミュレーションが行えるようになっています。

利用中のローン会社の金利や借入額を入力するだけでおまとめローンを組んだ後の毎月の返済額などが瞬時に表示されますので、比較も簡単です。

消費者金融のおまとめローンよりも銀行の方が金利差が大きいので銀行のおまとめローンを検討している人は返済シミュレーションで正確な金利計算をすることが大切です。

おまとめローンは多重債務者のための商品ですが借入先が多すぎると審査に落ちてしまいます。

借入件数は3社でセーフ、4社でギリギリ、5社でアウトと言われていますが審査落ち確実な人でも通る策が無いかを考えてみましょう。

まず、行うべきことは今までの返済状況の確認と各社からの借入れ金額や残高の確認です。

1件でも返済が完了すれば審査は通りやすくなりますから利用限度枠を上手く使って完済できるローンを返済してしまいましょう。

借入件数よりも遅延や延滞が重要視されますから、事故歴がなければ返済能力があると判断されて与信通過の可能性がでてきます。

おまとめローンの手続きで一番簡単な方法は全ての手続きがインターネットで完了できるweb完結です。

ローン手続きを他人に見られるのは気まずいと思う人には最適ですしわざわざ出かけて行かなくても申し込むことができます。

web完結と似た言葉にweb申し込みがありますがweb完結なら本人確認書類もカメラで撮影し画像を送るだけでOKです。

web申し込みは審査結果を受け取るまではweb完結と同じですが必要書類を郵送してもらって記入後返送するローンもあります。

web完結なら手続きがお手軽カンタンなだけでなく周囲にバレるリスクを減らす事ができます。

おまとめローンとは複数の借金を1つにまとめることで月々の返済額や利息の少なくするというメリットがあります。

でも、返済金額を抑えることができたとしても自分に合った返済方法でなければ、更に状況が悪化することになります。

おまとめローンを組んだとしても元本は減りませんから毎月の返済額を下げた分だけ返済期間は長くなります。

返済期間が長くなれば支払う利息も増えますので返済する総額は、おまとめ前より多くなってしまうのです。

又、消費者金融のおまとめローンは返済型になりますので、追加融資はできないのですが銀行のおまとめローンにはフリーローンが多いので、追加融資をしてモラルことがあるのですが、一方で借入額が増えてしまうといったリスクも含んでいます。
Copyright (C) 2014 おまとめローンは年収以上が可能?【審査甘い銀行の探し方】 All Rights Reserved.