ニキビ跡のクレーターを改善するには?

赤く炎症を起こしてしまった赤ニキビや、更に悪化して膿を持ってしまった黄ニキビができると、ニキビが完全になくなるよりもニキビ跡として残ってしまう確率がグンと高くなってしまいます。

ニキビ跡には赤みを帯びた色素が肌の内側に残ってしまう色素沈着タイプのニキビ跡もあれば、肌が凹凸になってしまうクレータータイプのニキビ跡もあります。

ニキビ跡の中でも最も治療するのが大変なのがクレーター肌。

クレーターは肌が凸凹になっているのでメイクで隠すのも大変ですし、レーザーや光などの美容治療をしても、一度や二度の治療では改善する事が少ないようです。

ニキビ跡のクレーターを改善するためには、普段の生活の中で肌のターンオーバーを促進する努力をする事が必要です。

肌の内側から新しい細胞を生成し、凸凹部分は古い角質として肌が排出してくれるのをジッと待つわけですね。

しかし、この方法では気が遠くなるほどの時間と根気が必要になってしまいますから、スピーディにクレーターを改善したい場合には美容外科や美容皮膚科でレーザー治療を行うことをお勧めします。

クレーターを改善する事ができるレーザー治療にもいくつか対応している美容機器がありますが、フラクセルやダイオードなどが人気のようです。

健康保険適用外の治療になるのでコストはかかりますが、1年〜2年程度で見違えるほどフラットな肌に改善できる事が多いのだそうですよ。

クレーターを克服した方が運営しているブログなども参考にしてクレーターと向き合ってみてはいかがでしょうか?